地域ニュース

勾玉や管玉…夢広がる歴史背景 三次、古代アクセサリー展示記念し講演会

2020/11/17 16:00
縄文時代以降の「玉」の色や形の変遷について話す広瀬副館長

縄文時代以降の「玉」の色や形の変遷について話す広瀬副館長

 三次市小田幸町の広島県立歴史民俗資料館で開催中の企画展「魅惑の古代アクセサリー」(中国新聞社など主催)に合わせた記念講演会が同館であり、大阪府立近(ちか)つ飛鳥博物館(大阪府河南町)の広瀬時習(ゆきしげ)副館長が「玉からみた古代の色彩と信仰」と題して話した。
(ここまで 130文字/記事全文 393文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧