地域ニュース

【バスケットボール】ドラフラのケネディ、日本国籍取得

2020/11/17 17:38
トーマス・ケネディ

トーマス・ケネディ

 B1広島は17日、トーマス・ケネディ(33)が、日本国籍を取得したと発表した。6月に法務省に申請が受理され、承認待ちだった。
 次節の12月2日のホーム滋賀戦から、外国籍選手ではなく、日本国籍の選手として登録される予定。外国籍選手の同時出場は2人だが、日本国籍の選手となることでエチェニケ、トレイラーと同時にコートに立つことができ、出場時間が延びる可能性もある。ケネディは全15試合に出場し、1試合平均12・7得点。
 ケネディは「クラブのスタッフや日本語の先生、多くの方のサポートがなければ実現しなかった。うれしさと同時に広島での今後が楽しみ」とコメントした。
 ここまで4勝11敗と苦しむチームは、新外国人獲得の動きを本格化させる。浦伸嘉社長は「年内には獲得したい。情報収集はずっとしていたので、交渉に入る」と話した。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

地域スポーツの最新記事
一覧