• トップ >
  • トピックス >
  • 広島県内さらに4人感染 廿日市2人、三原1人、尾道1人 1人はホテルで療養、新型コロナ

トピックス

広島県内さらに4人感染 廿日市2人、三原1人、尾道1人 1人はホテルで療養、新型コロナ

2020/11/18 14:57

広島県庁

 広島県は18日、新たに4人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。2人は廿日市市の20代と60代でともに軽症。ほかの2人は三原市の50代と尾道市の60代で、いずれも無症状という。このうち三原市の50代は、県が医療機関の負担を減らすために始めた新たな運用に基づき、入院することなくホテルで療養を始めた初のケースとなった。

 県によると、三原市の50代と尾道市の60代は職場の同僚。職場には県外に出張する人が多いため、16日に医療機関を受診してPCR検査を受け、17日に感染が分かった。2人の県外との行き来は、現時点では確認されていない。

 廿日市市の2人は県が14日に感染を発表した同市の感染者の濃厚接触者。2人はともに15日のPCR検査では陰性で、健康観察で自宅待機をしていた。60代は16日に微熱を発症し、17日に感染が判明した。20代は14日以降に断続的に微熱が続き、17日に陽性となった。せきや鼻水、目の充血も出ているという。

【グラフ】広島県の市町別感染確認者数

【関連記事】
広島市は18日、10人の感染を発表


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧