地域ニュース

冬の修学旅行、閑散期の宮島に熱視線 新型コロナで時期変更/首都圏を回避

2020/11/18 21:15
修学旅行の予約台帳を手に説明する宮島ホテルまことの田畑取締役支配人

修学旅行の予約台帳を手に説明する宮島ホテルまことの田畑取締役支配人

 世界遺産の島・宮島(廿日市市)で「冬の修学旅行」が増える見通しとなっている。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、春夏に中止した学校が時期をずらして実施を予定しているほか、首都圏など感染者が多い観光地を回避して宮島へ変更する動きが相次いでいるため。各施設は「第3波」への警戒を続けながら、通常は閑散期となる冬季の思わぬ需要増を歓迎している。
(ここまで 170文字/記事全文 819文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧