• トップ >
  • トピックス >
  • 【ここに注意!新型コロナ】クラスター多様化 飲食店・福祉施設・宿舎…中国地方でも頻発、3密回避・早期発見が鍵

トピックス

【ここに注意!新型コロナ】クラスター多様化 飲食店・福祉施設・宿舎…中国地方でも頻発、3密回避・早期発見が鍵

2020/11/18 22:52

 新型コロナウイルス感染症の「第3波」が押し寄せる中、中国地方では11月にクラスター(感染者集団)が頻発し、18日は3件が公表された。これまでの計34件を見ると飲食店や福祉施設、宿舎など多様化している。クラスターの感染者をいかに減らすかが課題だ。広島県の専門家は、クラスターの起きる場面を減らす▽連鎖を防ぐ―という2点が、波を小さくする鍵と説明する。

 中国地方で発生したクラスターは11月だけで7件に上る。4月以降の累計は、県別では広島が14件で最も多い。10月下旬から相次ぐ岡山が12件で、山口5件、島根2件、鳥取1件。人口の少ない地域でも油断はできない。クラスターとつながる感染者は少なくとも計620人を超え、中国地方で確認された感染者の4割を占める。

 広島大大学院の田中純子教授(疫学・疾病制御学)は「クラスターをつくらないよう、飲酒を伴う懇親会といったリスクの高い場面は、特に『3密』を避けるなどの予防意識を持ってほしい」と呼び掛ける。

 実際、発生場所で最も多いのは飲食店関連の15件(44・1%)だ。接待を伴う店だけでなく、居酒屋やカラオケ付きの店などでも起きた。政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会は、飲酒を伴うと会食は大声になりやすく、しぶきが飛びやすいと指摘する。

 体を密着するケアなど感染の広がる条件がそろう福祉施設は、広島、岡山両県で計6件(17・6%)あった。岩国市や津山市では医療機関でも発生。そのほか寮や宿舎などでも確認され、集団生活の場での感染防止対策の徹底が引き続き求められる。

 「クラスターを早く見つけることも大切」と田中教授は強調する。クラスターの感染者を介して別のクラスターが起きる「連鎖」で感染者が急増するのを防ぐためだ。それには、一人一人の感染を早くキャッチする必要がある。「体調の悪いときには出歩かず、かかりつけの医院などに相談するようにしてほしい」と話している。(衣川圭) 

【関連記事】

広島市の感染者1人死亡 新型コロナ

広島県内で14人感染、18日 10人の広島市、10人超えは3カ月半ぶり

岩国市の6人感染は病院クラスター 計10人確認

母と弟発熱、そして私も… コロナ感染、中国地方50代女性の体験

【グラフで見る】新型コロナウイルスの感染状況


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧