• トップ >
  • トピックス >
  • 周南19億円詐取 元外交員音声、返金「早いのは無理」 被害者弁護団が証書も公表【動画】

トピックス

周南19億円詐取 元外交員音声、返金「早いのは無理」 被害者弁護団が証書も公表【動画】

2020/11/18 22:52

元外交員が手書きした預かり証のコピー(画像の一部を修整しています)

 第一生命保険の徳山分室(周南市)に勤めていた元保険外交員女性(89)が架空の金融取引で顧客から約19億5千万円をだまし取った問題で、被害者の弁護団は18日、山口市で記者会見を開いた。元外交員の直筆の証書や電話音声を公開。「甚大な詐欺被害をもたらした第一生命の責任を徹底的に追及する」と強調した。

 末永汎本(ひろもと)弁護士は第一生命の社員2人が同席する場で元外交員が架空の取引の借用証書を手書きしていた点を指摘し「正規の手続きと信用させてだまし取った」と主張した。弁護団が公表した音声では、今年4月に電話で金の返還を催促する被害者に対し元外交員が「なるべく早く引き出すけど、あんまり早いのはちょっと無理よ」と話をかわす様子がうかがえる。

 この日、被害者の40代女性が5千万円の返還を求めた訴訟の第1回口頭弁論が山口地裁周南支部で開かれる予定だったが、被告の元外交員は認知症を理由に出廷しなかった。会見に同席した女性は「本人と何度も話してきたが、普通に会話できていた」と述べた。

 第一生命は9日公表の報告書で、元外交員が2002〜20年に顧客24人から19億5100万円を詐取したと認めている。同社は弁護団の会見を受け「全容解明に向け警察の捜査に協力しつつ、被害者の方への対応を検討して参りたい」とコメントした。(川上裕)

【関連記事】

89歳元外交員、社内唯一の「特別調査役」 第一生命、周南の不正問題報告書 24人が19億5100万円被害

地元政財界のコネ誇示 第一生命80代元外交員、19億円詐取か 企業責任問う声も


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧

  • 【速報】鳥取県で1人感染、11日の新型コロナ (5/11)

     鳥取県は11日、県西部で1人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。県外在住で、年代や性別は非公表。医療機関で実施したPCR検査で陽性となったという。 【グラフ】鳥取県の新型コロナウイルス感染...

  • パトカーに追跡され4台と衝突、逃走の男を逮捕 広島県警 (5/11)

     広島市中心部の中区と西区で3月上旬、パトカーに追跡された軽乗用車が計4台の車に衝突しながら逃走した事件で、広島県警は11日午前、鳥取市の50代男を自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反(ひき逃...

  • 中国地方の新型コロナウイルス感染確認者数 (5/11)

     中国地方の新型コロナウイルス感染確認者数【グラフ】広島県の新型コロナウイルス感染者数と医療提供状況【グラフ】山口県の新型コロナウイルス感染者数と医療提供状況【グラフ】岡山県の新型コロナウイルス感染者...

  • 【速報】米軍岩国基地で3人感染 11日の新型コロナ (5/11)

     米軍岩国基地(山口県岩国市)は11日、基地関係者3人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。 【グラフ】山口県の新型コロナウイルス感染者数と医療提供状況

  • 【速報】島根県で6人感染、11日の新型コロナ (5/11)

     島根県と松江市は11日、6人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。居住地は松江市が3人、出雲市が3人。【グラフ】島根県の新型コロナウイルス感染者数と医療提供状況【関連記事】中国地方知事「緊急宣言...