• トップ >
  • 地域ニュース >
  • アーカイブ >
  • 【克行被告第11回公判 検察側の供述調書朗読詳報】後援会副支部長の男性A 12年と14年、17年の衆院選で5万円を受け取った

地域ニュース

【克行被告第11回公判 検察側の供述調書朗読詳報】後援会副支部長の男性A 12年と14年、17年の衆院選で5万円を受け取った

2020/11/20 1:22

 昨年7月の参院選広島選挙区の大規模買収事件で、公選法違反罪に問われた元法相の河井克行被告(57)=衆院広島3区=の第11回公判が19日、東京地裁であった。検察側が、克行被告から現金を受け取ったとされる後援会関係者10人の供述調書を朗読した。読み上げた内容の詳報は次の通り。

 ■後援会副支部長の男性
(ここまで 141文字/記事全文 1280文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

アーカイブの最新記事
一覧