• トップ >
  • 地域ニュース >
  • アーカイブ >
  • 【克行被告第11回公判 検察側の供述調書朗読詳報】後援会支部事務局長の男性D 克行さんに怒りがこみ上げてきた

地域ニュース

【克行被告第11回公判 検察側の供述調書朗読詳報】後援会支部事務局長の男性D 克行さんに怒りがこみ上げてきた

2020/11/20 1:23

 ■後援会支部事務局長の男性

 後援会支部の事務局長をしていました。昨年5月に自宅の玄関で、克行さんから案里さんへの投票や投票の呼び掛けをする選挙運動の見返りに封筒を克行さんから受け取り、秘書に返すことがありました。

 案里さんは女性で、若くて未来を託したいと思っていました。19年3月、報道で案里さんが参院選に立候補することを知りました。緊急報告会に参加し、案里さんは報道が先行したことを説明し、党本部が2人目を出し、自民党で溝手さんと広島県のため2議席を取ると言いました。克行さんは案里さんを当選させるため協力を呼び掛けていました。党本部が案里さんを公認し、県連がトップダウンに反発していました。溝手さんは勝てる相手ではないと思いました。私は案里さんが落選しても評価されれば、箔(はく)が付き、次の選挙で当選すれば立派な国会議員になると思いました。
(ここまで 377文字/記事全文 2264文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

アーカイブの最新記事
一覧