• トップ >
  • 地域ニュース >
  • アーカイブ >
  • 【克行被告第11回公判 検察側の供述調書朗読詳報】地域団体役員の男性F 返す機会がなく5万円は生活費に使った

地域ニュース

【克行被告第11回公判 検察側の供述調書朗読詳報】地域団体役員の男性F 返す機会がなく5万円は生活費に使った

2020/11/20 1:24

 ■地域団体役員の男性

 案里さんの19年7月の参院選に関し、克行さんから19年5月20日、案里さんに投票を呼び掛ける目的で現金5万円を受け取りました。

 克行さんが自宅を訪れ5万円を渡したのは午後6時前後で間違いありません。事前に秘書から、克行先生が地区に寄るので少し会えないかと電話がありました。午後6時ごろ、インターホンが鳴りました。玄関口に克行先生が1人で立っていて「ちょっと上がらせていただく」と言って上がってきました。私は居間に案内し、奥側の座布団に座ってもらいました。克行先生は「組織ができていないから案里は厳しい。しっかりやらないといけないですよ。よろしくお願いします」とお願いしてきました。私が「そこまで心配しなくても大丈夫ですよ」と伝えると、克行先生は「三矢会の方で案里をしっかり後押ししないといけない」と繰り返しました。私は「できるだけ応援させていただきます」と伝えました。克行先生は「これ見てください」と茶色の封筒を見せてきました。
(ここまで 420文字/記事全文 1322文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

アーカイブの最新記事
一覧