• トップ >
  • 地域ニュース >
  • アーカイブ >
  • 【克行被告第11回公判 検察側の供述調書朗読詳報】後援会支部長の男性G 関係を悪化させてはならないと思い返すのをやめた

地域ニュース

【克行被告第11回公判 検察側の供述調書朗読詳報】後援会支部長の男性G 関係を悪化させてはならないと思い返すのをやめた

2020/11/20 1:24

 ■後援会支部長の男性

 私は案里さんの夫の克行さんから、案里さんが当選できるよう、投票してほしいと有権者に呼びかけるようにとの趣旨で5万円を受け取りました。

 参院選に案里さんが立候補することは19年3月に新聞報道で知りました。私は克行さんの選挙だけで大変だから、案里さんの応援までできないと言いました。緊急報告会では参院選に立候補する案里さんを三矢会が応援することが決まりました。

 私は自宅にやってきた克行先生から5万円をもらいました。5月20日午後6時前後で間違いありません。午後6時ごろにインターホンが鳴りました。妻が「河井先生が来られましたよ」と言ったのが聞こえた。克行先生が「上がらしてください」と言うのでびっくりした。これまでは玄関先であいさつをするぐらいでした。私は「こちらにどうぞ」と居間に通しました。克行先生は「いつもお世話になっています。よろしくお願いします」と言いました。案里さんの参院選を応援してほしいということだと分かりました。今回の参院選は県連が現職の溝手先生を擁立する方針でした。三矢会の後援会にとっても簡単な選挙ではありません。

 私が「案里さんの選挙、大変ですのう」と言うと、克行先生は「当選させないといけんけえのう」と言い、私に「頑張ってもらわんといけんね」と言いました。持っていたかばんの中から白い封筒を取り出してテーブルの上に置き「これを取ってください」と滑らせるように動かしてきた。私は参院選で案里さんが当選するよう投票してほしいのでお金を渡そうとしていると思いました。テレビドラマ「税務調査官・窓際太郎の事件簿」ではお札が白い封筒に入っている。悪いお金、違法なお金に決まっていると思いました。
(ここまで 712文字/記事全文 1618文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

アーカイブの最新記事
一覧