地域ニュース

歴史映す大地、PR課題 松江・出雲ジオパーク、再認定への体制急務

2020/11/22
野村名誉教授(奥左)から多古の石柱の解説を聞く住民たち

野村名誉教授(奥左)から多古の石柱の解説を聞く住民たち

 松江、出雲両市にまたがる島根半島、宍道湖と中海一帯が、日本ジオパークに認定されてから来月で3年となる。地殻変動や海底火山の営みを感じられる大地の魅力を見直す動きが地元で広まる一方、観光客への情報発信が不足しているなど課題も多い。来年度に日本ジオパーク全国大会や、4年に一度の再認定審査を控える中、体制づくりが急がれる。
(ここまで 160文字/記事全文 1096文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧