• トップ >
  • >
  • 神石高原町長に入江嘉則氏が再選 農業振興策など訴え

トピックス

神石高原町長に入江嘉則氏が再選 農業振興策など訴え

2020/11/22

再選が決まり、万歳をして喜ぶ入江さん(中央)

 任期満了に伴う広島県神石高原町長選は22日投開票され、無所属現職の入江嘉則さん(59)が元町議で無所属新人の横尾正文さん(61)を破り、再選を果たした。

 2004年の町発足以来16年ぶりとなった選挙戦。井関の入江さんの事務所に吉報が届くと、支持者たちから歓声が上がった。入江さんは「厳しい選挙戦だった。皆さんの応援に感謝します」と述べた。

 行財政運営の在り方が大きな争点となった。入江さんは自民党県連と連合広島の推薦を受け、農産品の販路拡大など4年間の実績を強調。農業の担い手確保なども掲げ、支持を広げた。

 横尾さんは、民間の新規事業に出資するチャレンジ基金の廃止や補助金削減の見直しを主張。町政の転換を訴えたが及ばなかった。

 当日有権者数は7692人。投票率は79・42%で、同年の91・13%を11・71ポイント下回った。(吉原健太郎)

 ▽安心と幸せ実感の町に
(ここまで 383文字/記事全文 590文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする


この記事の写真

  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする

 あなたにおすすめの記事