地域ニュース

児童虐待、昨年度709件 山口県、外出自粛で増加警戒

2020/6/9 20:58

 2019年度に山口県内の児童相談所が認定した児童虐待件数が709件に上ったことが県のまとめで分かった。過去最多だった前年度からは減少したが、2年連続で700件を超えた。県は新型コロナウイルスの影響で家で過ごす時間が長くなることで虐待が増えることを警戒している。
(ここまで 131文字/記事全文 697文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧