地域ニュース

佐伯地域、ビールでPR 商工会青年部、住民と協力し耕作放棄地で大麦

2020/11/23 16:00
開発中の「さいきビール」を手にする貞井さん

開発中の「さいきビール」を手にする貞井さん

 佐伯商工会青年部(廿日市市)などは地元産の大麦を使ったオリジナルの「さいきビール」の商品化を進めている。耕作放棄地の再生と、地域の知名度アップを図る狙いで、地元住民たちと協力して栽培し、製造段階に入った。まず12月に、市内で販売する予定でいる。
(ここまで 123文字/記事全文 543文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧