地域ニュース

最古の被爆電車「156号」33年ぶりに公開 広島市中区で初の「ひろでんの日」

2020/11/23 21:14
催しを終えて江波車庫に戻る156号。原爆ドームの前を通った

催しを終えて江波車庫に戻る156号。原爆ドームの前を通った

 広島電鉄(広島市中区)は23日、旧型電車を紹介する初めての催し「ひろでんの日2020」を中区の千田車庫で開き、同社最古の被爆電車「156号」を33年ぶりに公開した。被爆75年に合わせ、車庫で眠っていた車両を走行できるように整備した。鉄道ファンたちが同車両を含む古い電車の撮影や乗車を楽しんだ。

 新型コロナウイルスの感染状況を踏まえ、抽選100人の事前申込制で開催した。江波(中区)で被爆した156号は1925年製造で新型車両が増えた71年に引退、87年に一時走行した後は江波車庫に保管されていた。この日は、江波から千田車庫まで往復させ、沿道の注目を集めた。

 会場では、このほか創業当初の車両を復元した大正型電車やドイツ製のハノーバー電車などレトロな10両を並べ、来場者が熱心に撮影していた。また、参加者は大正型車両など一部車両による、江波や広島駅(南区)までの貸し切り運行を楽しんだ。

 父親と訪れた中区の幟町小4年井尻真太郎君(9)は「156号は床が木でできていて、今の電車と違うかっこよさがある」と夢中でシャッターを押していた。

 今年は広電などが毎年6月に開いてきた「路面電車まつり」がコロナ禍で中止になった。椋田昌夫社長は「被爆の3日後に運転を再開した電車の歴史を知ってもらいたい。コロナで閉塞(へいそく)感がある中、明るい話題を提供したかった」と力を込めた。(村上和生) 

【関連記事】

【被爆電車1945―2020】<写真特集>「あの日」伝え今も

被爆電車、「走る遺産」平和を訴える

広電、改正ダイヤ運行 便数1割減、終電も早める



この記事の写真

  • 33年ぶりに公開された156号(左から3両目)などを撮影する来場者(撮影・川村奈菜)
  •  「ひろでんの日」に合わせたイベントの会場に向かう、手前から大正型電車101号、被爆電車156号、同653号=23日午前8時22分、広島市中区本川町1丁目(撮影・川村奈菜)
  • 「ひろでんの日」のイベント会場へ向かう途中、相生橋上で一時停車した大正型電車101号(左)、被爆電車156号(中)、同653号=23日午前8時28分、広島市中区(撮影・川村奈菜)
  • 千田車庫に並んだレトロ車両(23日午後2時1分、撮影・川村奈菜)
  • 156号の車内を撮影する人たち(23日午前10時18分、撮影・川村奈菜)
  • 156号の前で記念撮影する子ども(23日午後2時13分、撮影・川村奈菜)
  • 千田車庫を出発する156号を撮影しようとカメラを向ける人たち(23日午後3時33分、撮影・川村奈菜)
  • 101号の乗車体験を楽しむ人たち
  • 156号の車内を撮影する参加者
  • レトロな装いで業務に当たった運転手(右)と車掌

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧