地域ニュース

漂着海ごみ「見える化」 人工衛星・ドローンの画像AI分析

2020/11/25 7:59
益田市久城町の海岸に漂着した海ごみ(6日)

益田市久城町の海岸に漂着した海ごみ(6日)

 人工衛星と小型無人機ドローンの画像を活用して海岸に漂着した海ごみを「見える化」するプロジェクトを、益田市内と首都圏の企業が共同で進めている。人工知能(AI)で画像を分析し、ごみの種類や量、どこから流れ着いたかを特定するシステムを構築。自治体などに情報提供して効率的に回収してもらい、海ごみの削減を目指す。
(ここまで 153文字/記事全文 769文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧