地域ニュース

電動キックスケーター、特例の公道走行 尾道市瀬戸田で27日から

2020/11/25 23:30
しまなみロマンで貸し出す電動キックスケーター

しまなみロマンで貸し出す電動キックスケーター

 尾道市瀬戸田町の公道で電動キックスケーターを走らせる実験が27日始まる。経済産業省が新事業特例として全国11カ所を認定し、中国地方で唯一選ばれた。町内の飲食店や旅館で借りれば、耕三寺などがある町北部のルートや愛媛県今治市の道の駅多々羅しまなみ公園まで走行できる。来年3月末まで。

 地面を蹴って走りだし、ハンドルにあるアクセルとブレーキで操作する。道交法上は原動機付き自転車だが、実験ではウインカーなどがなくても公道を走れるよう規制を緩和した。最高時速19キロに設定し、1回の充電で55キロ走行できるという。

 走行ルートは、町北部の約3キロと、瀬戸田港と多々羅しまなみ公園を結ぶ約8キロを設定。耕三寺やしおまち商店街を含む約0.24平方キロ内も自由に走れる。同港近くの飲食店しまなみロマンで6台、旅館つつ井で宿泊者向けに2台を貸し出す。レンタル事業は、モビーライド(福岡市中央区)が担う。

 午前10時〜午後6時、3時間3千円、1日4千円。LINEアプリを操作できるスマートフォンと運転免許証が必要。しまなみロマンTel0845(27)0010。(森田晃司)

【関連記事】

自動配送ロボが公道デビュー 日本郵便が国内初の実験

広島大で自動運転実験 来春から最高速20キロ、構内移動用


この記事の写真

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧