地域ニュース

【詳報・河井克行被告第回公判】今田市議証言<8>可部線ははっきり嫌がらせがありました 

2020/11/27 2:12

 弁護人 被告の選挙応援を断って、案里さんの応援を断って、お金を受け取るのははっきり断らず、返すこともできなかった。なぜか。

 証人 事務所のスタッフにこういうお金を知らせたくない気持ちが強かったです。

 弁護人 被告が悪いことをしているのに、遠慮したのか。

 証人 克行先生の気持ちをくみました。

 弁護人 可部線の予算のやりとりでは、あなたは地元の政治家として廃線復活での立ち位置は。

 証人 私はまちづくり懇談会、2代目会長です。

 弁護人 復活を推進していたか。

 証人 そうです。

 弁護人 被告は反対だったか、推進だったか。

 証人 分かりません。

 弁護人 分からないのか。

 証人 どういう立場か分かりません。

 弁護人 重要なことなのに、選挙区の代議士のスタンスを知らなかったのか。

 証人 会合に出てお願いをしたことがないです。分かりません。

 弁護人 ほかの人に聞いていないのか。

 証人 私は分かりません。

 弁護人 嫌がらせやしっぺ返しがあったことも分からないのではないか。

 証人 可部線ははっきり嫌がらせとしっぺ返しがありました。

 弁護人 代議士に説明していなかったのか。

 証人 していません。

 弁護人 「こんな予算ではだめで、たくさん予算を付けた方がいい」と代議士が考えてもおかしくないのではないか。

 証人 事業を進めるための金額は、国の役人で決まる。私には分かりません。

 弁護人 被告が何を言ったかも、詳しく分からないのではないか。

 証人 いや。可部線の問題はきょう、あす予算が付く時に、付けられないと担当者から聞いたので、分かります。

 弁護人 本人から聞いたことはあるか。
(ここまで 687文字/記事全文 3448文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

アーカイブの最新記事
一覧