地域ニュース

【詳報・河井克行被告第12回公判】光元秘書証言<4>回数もたくさん呼ばれていて覚えていないこともある 

2020/11/27 3:07

 弁護人 激しく励ます会は7支部の政治活動の一環ではないのか。

 検察官 異議です。

 裁判長 異議の理由を。

 検察官 主体は7支部ですかと言うが、書面上はとつけているので誤導です。

 裁判長 質問の仕方を工夫してください。

 弁護人 主体は7支部ではないのか。

 証人 既に作成されていたものを安佐南区用にしました。

 弁護人 政治活動と思わなかったか。

 証人 考えていませんでした。

 弁護人 地区の後援会支部長は熱心に活動してくれたのか。

 証人 はい。

 弁護人 集会の打ち合わせをしたのか。

 証人 はい。

 弁護人 この地区で激しく励ます会は開かれたのか。

 証人 開かれませんでした。

 弁護人 準備していたのか。

 証人 はい。

 弁護人 どういう経緯で開かれなくなったのか。

 証人 準備していた段階でしたが、前田(智代栄)さん(秘書)が集会はしなくてもいいと言ったので、中止になりました。

 弁護人 後援会支部長の様子は。

 証人 心外という感じでした。

 弁護人 怒っていたということか。

 証人 少し。

 弁護人 なだめたという経緯があるのか。

 証人 はい。
(ここまで 470文字/記事全文 2998文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

アーカイブの最新記事
一覧