地域ニュース

土石流発生の仕組み解明へ 広島大、地下水調査

2020/11/27 23:21
ボーリング作業を見守る海堀教授(右)

ボーリング作業を見守る海堀教授(右)

 広島大防災・減災研究センター(東広島市)は27日、東広島キャンパス内のががら山(331メートル)の山頂付近に穴を掘り、土石流の発生メカニズムを解明するプロジェクトをスタートさせた。西日本豪雨などの災害が相次いでいるのを受け、地下の水圧や水温などを計測し、土砂災害の発生予測などにつなげる。
(ここまで 145文字/記事全文 602文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧