地域ニュース

【東京五輪・パラ】カープ鈴木ら22人メッセージ配信 スポ庁表彰式代替企画

2020/11/28 8:29

 来年の東京五輪・パラリンピック出場を目指すプロ野球広島の鈴木誠也たちトップアスリート22人が27日、動画投稿サイトを通じてメッセージを配信した。鈴木は「今自分のできることを考えて、日々の生活を過ごすように心掛けている。来年の東京五輪のメンバーに選ばれ、金メダルを取れるように頑張っていきたい」と決意を示した。

 スポーツ庁が昨年度のスポーツ功労者などの表彰式を中止する代わりに企画。女子プロゴルフの渋野日向子は「誰もが今までと違った生活を強いられていると思うが、前を向いて頑張っていきましょう」とエールを送った。

 マラソン女子でパラリンピック出場が内定している道下美里(三井住友海上、下関市出身)は「過去の自分を超えるという強い意志を持って、立ち止まらず一緒に進んでいきましょう」と呼び掛けた。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

地域スポーツの最新記事
一覧