地域ニュース

三瓶山火山灰56センチ「妥当」 島根原発、規制委が審査会合

2020/11/28 14:39

 原子力規制委員会は27日、島根原発(松江市)の審査会合を開き、三瓶山(島根県)の噴火で積もる火山灰の厚さを56センチとする中国電力の評価結果を妥当とした。全国の原発で最大の値となり、審査の焦点は設備の対策に移る。
(ここまで 107文字/記事全文 509文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

防災の最新記事
一覧