地域ニュース

広島県北に冬の訪れ 恐羅漢山などに雪

2020/11/28 22:56
池ノ段の山頂付近にうっすらと積もった雪(28日午前11時19分)

池ノ段の山頂付近にうっすらと積もった雪(28日午前11時19分)

 中国地方の上空に寒気が流れ込んだ28日、広島県最高峰の恐羅漢山(安芸太田町)が初冠雪した。庄原市北部に広がる比婆山連峰の山々も雪化粧した。

 恐羅漢山(1346メートル)は、地元のスキー場運営会社の川本悌史(よしのぶ)支配人(46)が午前7時半ごろ、ゲレンデ中央から山頂にかけてうっすらと積もっているのを確認した。初冠雪は例年11月中旬で、ことしは昨年より1日早い。川本支配人は「昨冬は雪不足で営業日が少なかった。今冬は例年並みに降ってほしい」と期待した。

 比婆山連峰の立烏帽子(たてえぼし)山(1299メートル)と池ノ段(1279メートル)の山頂付近は、雨と雪が入り交じって降る中、一部の草木が白くなった。

 広島地方気象台によると、28日朝は上空約1500メートルに氷点下1・5度の寒気が流れ込んだ。冬型の気圧配置は当面続く見通し。気象台は「1週間程度は標高の高い場所で雪が降る可能性がある」としている。(加田智之、伊藤友一)

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧