• トップ >
  • トピックス >
  • 船舶事故で両船長逮捕 広島の貨物船と茨城の遊漁船、注意怠った疑い

トピックス

船舶事故で両船長逮捕 広島の貨物船と茨城の遊漁船、注意怠った疑い

2020/11/29 18:05

貨物船と衝突し転覆した遊漁船「第5不動丸」(28日午前9時49分、茨城県の鹿島港)

 茨城県の鹿島港の港口付近で、広島市の貨物船「はやと」(498トン)と鹿嶋市の遊漁船「第5不動丸」(4・95トン)が衝突し、1人が死亡、複数人がけがをした事故で、鹿島海上保安署は29日、業務上過失往来危険と業務上過失致死傷の疑いで、はやとの船長(56)と、第5不動丸の船長(49)を逮捕した。

 2人の逮捕容疑は、28日午前5時25分ごろ、航行上の注意義務を怠って事故を起こし、第5不動丸の乗客1人を死亡させ、4人に骨折などのけがをさせた疑い。

 転覆した第5不動丸は29日、作業船により海上に引き揚げられ陸上に移された。船体は側面の中央付近が数メートルにわたって破損していた。

 運輸安全委員会の船舶事故調査官は同日、既に着岸していた、はやとを調査し、船首部分に傷と塗料が付着したような痕跡があるのを確認した。
    
 
【関連記事】

広島の貨物船と衝突 遊漁船転覆、1人死亡11人けが 茨城県鹿島港

茨城海難事故で2船長釈放 広島の貨物船と茨城の遊漁船 任意捜査は継続


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧