地域ニュース

民生・児童委員、引きこもり対応に苦慮 アンケートで1089人判明、松江で研修会

2020/11/29 21:01
池上さん(右端)から引きこもり状態の人との接し方などを学ぶ民生児童委員

池上さん(右端)から引きこもり状態の人との接し方などを学ぶ民生児童委員

 民生委員や児童委員が引きこもり状態の住民への対応に苦慮するケースが、島根県内でも深刻化している。県が昨年実施した両委員のアンケートで、引きこもり状態にある人は県内に少なくとも1089人いると判明。対応策を学ぶため、県民生児童委員協議会が松江市で開いた研修会で、現場の手詰まり感や行政のサポート強化を訴える声が相次いだ。

 松江市のくにびきメッセであった研修会には民生、児童委員178人が参加。KJH全国ひきこもり家族連絡会理事で、当事者たちの実態を伝える著書を多く手掛ける池上正樹さんから、当事者や家族への寄り添い方、公的な支援策などを学んだ。

 引きこもり傾向のある人が加害者や被害者になった事件などの取材経験を踏まえた池上さんの講義は約3時間半に及んだ。「仕事の話は本人が一番気にしているからNG」「動かそうとするのではなく、自ら動き出せる環境づくりを」―。具体的な接し方など分かりやすい解説に、参加者が真剣に耳を傾けた。

 質疑応答では「『うちは大丈夫です』と言われて家の中へ入り込めない」「行政に解決のノウハウがない」といった切実な声が噴出。池上さんからは、あいさつ、雑談など地道な声掛けや地域でのちょっとした居場所づくりなどの助言があった。

 県が昨年、県内の民生、児童委員1657人を対象に実施したアンケート(回収率83・1%)では、引きこもり状態にある人は1089人を数えた。71%が男性で、40%が10年以上継続。年代別では、40代が256人、50代が223人、60歳以上が210人を占めた。1人暮らしは10・2%でほとんどが家族と同居。高齢の親が中高年の当事者と生活困窮に陥る「8050」問題の深刻化も浮かぶ。

 同協議会の住田達宣会長(67)=川本町=は「把握できていない事例は他にもあるはず」と強調。県内129地域の単位協議会で、引きこもり対策を重点活動に掲げるケースが広がっているとし、「本人や家族を孤立させないように地域で支えていくことが大事だ」と力を込めた。(松本大典)

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧

  • 海外協力隊、住民らと交流 尾道市因島で研修

     新型コロナウイルス感染拡大の影響で国内待機している青年海外協力隊員4人が28日、尾道市因島田熊町で住民やサイクリストに耕作放棄地で採れたかんきつのジュースを振る舞った。国内待機が続く隊員の研修の一環...

  • 呉でグリスロ試験運行 広島大・呉高専、急傾斜地や商店街

     広島大と呉高専は28日、環境に優しく狭い路地などの走行に適した小型電気自動車「グリーンスローモビリティ(グリスロ)」の試験運行を呉市で始めた。12月11日まで、市内に停留所を設けて無料で走らせ、効果...

  • 岩国市観光HPの英語版を一新

     岩国市は公式観光ホームページ(HP)の英語版をリニューアルした。従来は日本語版を自動翻訳していたが、英語を母国語とする人に正確に魅力が伝わるよう、掲載する写真や文章を全面的に見直した。

  • 被爆地の象徴「慎重に」 広島市の平和大通り「にぎわい」構想で意見交換

     広島市が進めている、市中心部の平和大通りの緑地帯にカフェなどを誘致する「にぎわいづくり」構想について議論する会が28日、広島市中区であった。市民団体の呼び掛けで集まった約40人が、市の担当者と意見交...

  • 岩国れんこん、ヌートリア禍 農作物被害、山口県内で急拡大

     外来種ヌートリアの農作物被害が山口県内で広がっている。2012年度に初めて捕獲されるなど中国地方の他の4県に比べ生息が確認された歴史は浅いが、水稲や野菜の被害金額が急増しており、19年度は500万円...