• トップ >
  • トピックス >
  • 広島県福山市でクラスター 29日の新型コロナ、県内計25人が感染

トピックス

広島県福山市でクラスター 29日の新型コロナ、県内計25人が感染

2020/11/29 22:27

福山市役所

 福山市は29日、市内で新たに12人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。うち数人が同じ会社の関係者。この会社では28日までに5人の感染が確認されており、市は小規模のクラスター(感染者集団)が発生したと認定した。広島県内では29日、広島市12人、東広島市1人も含めて計25人の感染が判明。2日連続で1日当たりの感染者が20人を超えた。

 【グラフ】中国地方の新型コロナウイルス感染確認者数(累計・月別)

 福山市によると、12人のうち、50代の会社員2人がクラスターが発生した会社に勤務していた。この他の感染者の中にも同社の関係者が含まれているとしている。いずれも軽症か無症状。市は30日に記者会見して説明する。

 クラスター関連以外では、市内の20代1人と10歳未満の1人。いずれも27日に感染が確認された20代会社員男性の濃厚接触者。

 また、広島市の12人の内訳は、10代1人▽20代3人▽30代3人▽40代4人▽50代1人。8人が軽症で、4人は症状がない。県によると、東広島市の1人は30代で軽症という。 

【関連記事】

広島県で23人感染、28日の新型コロナ 広島市14人、福山市4人、府中市2人、呉・廿日市・尾道市各1人

広島県、27日は13人感染 新型コロナ 広島市11人、福山市と東広島市各1人

広島県、26日は14人感染 新型コロナ 広島市11人、福山市2人、海田町1人

11月のコロナ感染、初めて500人超す 中国5県、島根は2人 「経路不明」と60代以上増加 


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧