地域ニュース

【尾道百景 坂のまち】<酢瓶の垣>路地裏に息づく商都(2002年4月18日掲載)

2020/11/30 17:51
垣に埋め込まれた斗瓶。小雨が降る中、観光客が散策する

垣に埋め込まれた斗瓶。小雨が降る中、観光客が散策する

 傘を差した観光客が一列になって歩いていく。文学記念公園から延びる細い路地。そばの垣には、鉄さびのような色をした円筒形の陶器がずらりと埋め込まれている。30年ほど前まで使われていた酢を入れる斗瓶である。

 昔は、町のあちこちで店頭に斗瓶を置いて量り売りをしていた。「オート三輪で運んだ。瓶だけでも10キロ、酢を入れると30キロぐらいになり、かなりの重労働だった」。創業四百年という尾道造酢の工場長丸尾好弘さん(59)が振り返る。

 もともと商都として栄えた尾道では、酢は、いかりと並ぶ数少ない生産品だった。「尾道酢」として知られ、江戸時代には北前船で、遠く北海道にも運ばれた。最盛期の大正期に2、30軒あった醸造場も戦後、一軒、また一軒と姿を消した。

 「今では3軒だけになった。しかし、一度使うと忘れられない尾道酢の味は、今も健在」。丸尾さんが力を込めた。

【尾道百景 坂のまち】
<南斜面>一休み、振り返ると絶景(2002年4月9日掲載)
<健脚の寺>仁王石段 朝から活気(2002年4月10日掲載)
<蓮花坂>古風な街 貫く生活道(2002年4月11日)
<東京物語>郷愁の眺め 名作に命(2002年4月16日掲載)
<酢瓶の垣>路地裏に息づく商都(2002年4月18日掲載)
<御袖天満宮>石段、未完の“一枚岩”(2002年7月31日掲載)
<文化住宅>関西のモダン 山手に(2003年7月2日掲載)
<鏡岩>光る姿に漂うロマン(2003年7月5日掲載)
<山城戸通り>雰囲気醸す 名の響き(2003年7月4日掲載)

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

アーカイブの最新記事
一覧