地域ニュース

大名藩船絵図、帆印帳を寄贈 白石島の山川さん、家宝を笠岡市に

2020/11/30 21:37
山川さんから笠岡市に寄贈された遠眼鏡(上)と帆印帳

山川さんから笠岡市に寄贈された遠眼鏡(上)と帆印帳

 江戸時代の参勤交代で海路を利用した西国大名の受け入れ時に役立てたという遠眼鏡(とおめがね)と藩船の版画帳「帆印帳(ほじるしちょう)」が、笠岡市白石島の山川悦子さん(78)から笠岡市に寄贈された。帆印帳は46藩の藩名や船の帆模様などが描かれた多色刷り。かつて大名が立ち寄る際の宿泊所だった山川さん宅で長年受け継がれてきた家宝で「もっと多くの人に見てもらえたら」と贈った。市教委も調査、研究後に市郷土館などでの公開を検討する。
(ここまで 212文字/記事全文 827文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 山川悦子さん
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧