地域ニュース

不正支出の学芸員減給 三原市教委処分、認識の甘さ露呈

2020/12/1 10:34

 三原市教委の学芸員が遺跡発掘の報告書を作成せずに印刷・製本代を不正に支出していた問題で、学芸員の懲戒処分が発表された30日、専門家からは市教委の認識の甘さを指摘する声が相次いだ。

 学芸員の処分を減給10分の1(1カ月)とした理由について、木村敏男教育部長は「市民生活に支障がなく、影響が重大とは言えないため」と説明する。

▽「認識、情けない」との批判も
(ここまで 176文字/記事全文 579文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧