トピックス

平和推進条例へ素案 広島市議会検討会議、市民らの役割明記

2020/12/1 21:04

広島市議会議事堂

 広島市議会は1日、会派代表の市議でつくる政策立案検討会議を開き、議員提案を目指す平和推進条例(仮称)の素案をまとめた。素案は、核兵器廃絶と恒久平和の実現に向けて市の責務と市議会、市民の役割を明記。市は被爆体験の継承などに取り組むと定める。来年2月開会予定の市議会定例会に提出する。

 素案は全10条。被爆75年を迎える中、前文で「被爆者の高齢化が進み、被爆体験を直接聞き取る機会が失われつつある」と強調。市には、核兵器廃絶へ国内外の都市と連携し、被爆体験を世界に広める責務があるとした。市議会は、長崎市議会と連携して平和推進の活動を行う。市民は市の施策に協力するとともに主体的に行動するとした。

 8月6日の「原爆の日」の平和記念式典を巡っては、市がデモ拡声器の音量規制条例制定について議論を進める中、「市民の理解と協力の下に、厳粛の中で行う」と定めた。

 今月中旬までに各会派の意見を聞く。来年1、2月に市民から意見を募集し、2月中に条例案をまとめて定例会に提出する。検討会議は2019年7月に始まった。代表の若林新三市議(市民連合)は「平和行政をしっかりと継続する根拠となる。平和推進の分野でも市議会の活動を広げていきたい」と話した。(新山創)

【関連記事】

「静粛な8・6」妥協点は 広島市、デモ音量規制先送り公算大

【新聞協会賞受賞】「ヒロシマの空白」記事まとめ


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧

  • ブラックホール停止の原因解明 東京大・筑波大・尾道市立大チーム発表 (1/26)

     宇宙の多くの銀河の中心にある「超巨大ブラックホール」は、他の銀河との衝突で活性化するだけでなく、中心部と衝突すれば活動が止まるとの研究結果を、東京大、筑波大、尾道市立大の研究チームが26日付の英科学...

  • 廿日市で民家全焼、住人が不明 (1/25)

     25日午後6時20分ごろ、廿日市市の無職男性(79)方から出火、平屋の家屋や、小屋など計約210平方メートルを全焼した。廿日市署や市消防本部によると、1人暮らしの男性と連絡が取れていない。近くの住民...

  • 石橋氏、広島3区支部長「内定」どまり 自民 (1/25)

     自民党は25日、衆院広島3区の新たな支部長に、党広島県連が次の衆院選で擁立を目指す新人で県議の石橋林太郎氏(42)を内定した。広島3区は公選法違反罪で公判中の河井克行元法相(57)=自民党を離党=の...

  • 広島3区「公明に譲り比例へ」勘ぐる声 自民県連 (1/25)

     与党分裂の可能性が出ている次の衆院選広島3区で、自民党広島県連が党本部に求めてきた石橋林太郎氏の党支部長への就任は、25日時点で「内定」にとどまった。「決定」を期待していた党県連内には一歩前進との受...

  • 「女性になりたい」…法の壁は高く【虹色のあしたへ 性的少数者と社会】<1> (1/25)

     「女性になりたい」。広島県内に住む30代会社員ハルさん(仮名)は、妻に静かに切り出した。妻は顔色を変え、なじった。「うそつき。私は男性と結婚したんだよ」。2人の間には3人の子どもがいる。その子たちに...