トピックス

平和推進条例へ素案 広島市議会検討会議、市民らの役割明記

2020/12/1 21:04

広島市議会議事堂

 広島市議会は1日、会派代表の市議でつくる政策立案検討会議を開き、議員提案を目指す平和推進条例(仮称)の素案をまとめた。素案は、核兵器廃絶と恒久平和の実現に向けて市の責務と市議会、市民の役割を明記。市は被爆体験の継承などに取り組むと定める。来年2月開会予定の市議会定例会に提出する。

 素案は全10条。被爆75年を迎える中、前文で「被爆者の高齢化が進み、被爆体験を直接聞き取る機会が失われつつある」と強調。市には、核兵器廃絶へ国内外の都市と連携し、被爆体験を世界に広める責務があるとした。市議会は、長崎市議会と連携して平和推進の活動を行う。市民は市の施策に協力するとともに主体的に行動するとした。

 8月6日の「原爆の日」の平和記念式典を巡っては、市がデモ拡声器の音量規制条例制定について議論を進める中、「市民の理解と協力の下に、厳粛の中で行う」と定めた。

 今月中旬までに各会派の意見を聞く。来年1、2月に市民から意見を募集し、2月中に条例案をまとめて定例会に提出する。検討会議は2019年7月に始まった。代表の若林新三市議(市民連合)は「平和行政をしっかりと継続する根拠となる。平和推進の分野でも市議会の活動を広げていきたい」と話した。(新山創)

【関連記事】

「静粛な8・6」妥協点は 広島市、デモ音量規制先送り公算大

【新聞協会賞受賞】「ヒロシマの空白」記事まとめ


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧