地域ニュース

【尾道百景 路地のまち】<勧商場>当時の繁盛を知る石段(2002年5月29日掲載)

2020/12/1 21:27
船着き場の跡とされる石段。一帯で営業を続ける店舗は年々減ってきている

船着き場の跡とされる石段。一帯で営業を続ける店舗は年々減ってきている

 自転車を抱えた男性が、雁木(がんぎ)の跡といわれる石段を下りてくる。一帯を「勧商場」と呼ぶ。今で言う商業テナントの先駆けとされ、1919年ごろ、実業家の大藤忠兵衛が開設した。

 当時、石段の上の通りには化粧品店、げた屋、薬屋などが並び、港まちらしく船員の帽子に飾り付けをする店もあった。下の通りには豆屋や菓子店があったという。

 「私がここに嫁いできたころも、間口の狭い店がぎっしりと並んでいました」。22歳で結婚して以来、町の移り変わりを見つめ続けてきた藤野ナツ子さん(90)は振り返る。

 次第に住民の多くが入れ替わり、「貸し店舗」の札が掛かる店も増えてきた。藤野さん自身も、夫の章三郎さんに13年前に先立たれ、今は一人暮らし。「この辺りじゃあ、私が一番古くなったようです。子どもたちもしょっちゅう来てくれるし、気ままなもんですよ」と笑った。

【尾道百景 路地のまち】
<石畳小路>臨海 絵になる歴史色(2002年5月28日掲載)
<勧商場>当時の繁盛を知る石段(2002年5月29日掲載)
<丹花小路>出雲参り 語り継ぐ灯(2002年5月31日掲載)
<熊野神社>風刺人形、笑みを誘う(2002年6月4日掲載)
<西京町>汽船から活気陸揚げ(2002年6月6日掲載)
<鍛冶屋町>看板に鉄と熱の名残(2003年2月6日掲載)
<山脇神社>山の変遷 見守る石像(2003年2月13日掲載)
<尻つめり>奇祭 記憶のかなたに(2003年2月15日掲載)

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

アーカイブの最新記事
一覧