地域ニュース

【尾道百景 路地のまち】<尻つめり>奇祭 記憶のかなたに(2003年2月15日掲載)

2020/12/2 10:50
線路わきにたたずむ幸神社の石柱。一帯では、昭和初期まで奇祭が催された

線路わきにたたずむ幸神社の石柱。一帯では、昭和初期まで奇祭が催された

 天寧寺に近い線路わきに、「幸(さい)神社跡」と刻まれた石柱が立つ。「幸」は「才」、「塞」とも書く。一帯は「幸の前」と呼ばれ、毎年春に「尻つめり」と呼ばれる祭りが開かれた。
(ここまで 86文字/記事全文 562文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

アーカイブの最新記事
一覧