• トップ >
  • トピックス >
  • 鳥取大医学部の学生2人感染 出入りのあった病棟の新規入院や実習を一時停止

トピックス

鳥取大医学部の学生2人感染 出入りのあった病棟の新規入院や実習を一時停止

2020/12/2 20:08

学生2人の新型コロナウイルス感染について記者会見で説明する鳥取大の幹部(鳥取市)

 鳥取大(鳥取市)は2日、医学部(米子市)の学生2人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。1人は1日に鳥取県が発表した20代男性。さらに2日未明、濃厚接触者の20代女性の感染も確認された。

 【グラフ】中国地方5県の新型コロナウイルス感染確認者数(累計・月別)

 鳥取大と県によると、男性は11月21〜23日に県外へ自家用車で帰省し、30日に38度台の熱が出た。授業はリモート(遠隔)のため通学していなかった。28日、大学のサークルの計11人で飲酒を伴う会食をしており、女性も同席していた。女性は無症状で、残る9人は陰性だった。

 鳥取大によると、会食は4人以内とするよう学生に指導していたという。

 女性は30日にも複数の友人と飲酒を伴う会食をしたほか、30、1日に医学部付属病院で実習した。鳥取大は出入りのあった病棟の新規入院の受け入れや、実習を一時停止。課外活動も原則禁止とした。県と連携し、学生や病院関係者の検査を進めている。

 平井伸治知事は2日に県庁で開いた対策本部会議で「惜しみなく検査を実施して感染拡大を食い止め、医療のとりでを守る」と強調。「親しい間柄の会食で感染が広がっている。親しき仲にもマスクあり。会食中も話す時はマスクを」と県民に呼び掛けた。 


【関連記事】

鳥取県米子市で1人感染 新型コロナ

鳥取県西部の40代2人が感染 新型コロナ 県内58人に

11月のコロナ感染、初めて500人超す 中国5県、島根は2人 「経路不明」と60代以上増加 

鳥取県で新たに2人感染、鳥取市と県西部の男性 25日の新型コロナ


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧