地域ニュース

【尾道百景 寺のまち】<光明寺(浄土宗)>名横綱に重ねる成長(2002年11月8日掲載)

2020/12/2 15:35
石碑と手を比べ合わせる少女。名横綱の名はゆかりの地に根付いている

石碑と手を比べ合わせる少女。名横綱の名はゆかりの地に根付いている

 「大きいねえ」。境内に訪れた四歳の少女は、手形が彫られた石碑に右手をピタリと合わせた。第12代横綱陣幕久五郎(1829〜1903年)。説明を読んだ参拝者はこぞって碑に触れ、天下に「負けず屋」の異名をとどろかせた男の足跡をたどる。
(ここまで 113文字/記事全文 630文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

アーカイブの最新記事
一覧