地域ニュース

クラスター発生の岩国医師会病院、外来や入院患者受け入れ7日再開

2020/12/3 9:23

 新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が発生した岩国市医療センター医師会病院(岩国市室の木町)は7日、外来や入院患者の受け入れなどの業務を本格的に再開する。直近の感染者の確認から一定期間がたち、感染リスクが軽減したと判断した。

 7日は外来診療や手術が必要な患者の入院の受け入れのほか、療育センターや夜間休日に対応する救急センターも再開する。予定日を過ぎていた患者の退院は2日に始めた。リハビリ中心の患者は3日から状況に応じて柔軟に受け入れる。

 病院では、医師を含む医療従事者4人の感染が判明した11月17日以降、外来や入院患者の受け入れを中止。入院患者1人を含め計24人(県発表)に感染が広がった。27日までに医師や看護師、職員ら延べ千人を超えるPCR検査を実施し、病院の確認で24日以降は感染者が出ていない。ウイルスの潜伏期間の目安となる2週間を置いて段階的に再開する。

 茶川治樹院長は「小まめな院内消毒やフェースシールド着用など感染防止策を徹底する。再開に向けて万全を期したい」としている。(有岡英俊)

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧