地域ニュース

上下大判焼き70年の味再び ふる里翁館の西山さん、機材譲り受け作り方学ぶ

2020/12/3 13:59
原さん(右)の指導を受けながら大判焼きを作る西山さん

原さん(右)の指導を受けながら大判焼きを作る西山さん

 府中市上下町に今夏オープンした昭和期のレトログッズ展示施設「備後上下ふる里翁館」で、70年ほど前から町民に愛されてきた大判焼きが復活した。2017年に途絶えていたが、運営メンバーの西山秀明さん(68)が古い機材を受け継ぎ、なじみの味を届ける。
(ここまで 122文字/記事全文 526文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧