地域ニュース

【尾道百景 レトロなまち】<旧商工会議所>商都の薫り 風格今も(2003年4月3日掲載)

2020/12/3 15:48
大正ロマン漂う旧商工会議所ビル。現在は観光案内所として活用されている

大正ロマン漂う旧商工会議所ビル。現在は観光案内所として活用されている

 石積みの風格ある外壁に、鉄格子がはまった長窓。「尾道萬迷所(よろずめいしょ)案内」と書かれた赤い看板が立てかけられた入り口を時折、観光客が出入りする。1階には、古びた大時計や蓄音機などが展示され、観光パンフレットが並ぶ。築80年の歴史を持つ旧尾道商工会議所ビルだ。

 尾道商議所は1892年、商業会議所として創立。全国で30番目、県内では広島に次ぐ歴史を持つ。地上3階地下1階のビルは1923年10月、創立30周年を記念して建設された。

 71年に尾道水道沿いの中央桟橋ビルに移転するまで、2階には階段状の議場があった。佐藤忠男会頭(72)は「近隣にはない立派な議場だった。席はくじ引きで決めるんだが、だいたい新米議員が、前の方の席に座っていた」と振り返る。

 半世紀近くにわたって、商都・尾道のシンボルだった大正ロマン漂うビルは、今もこのまちを見守り続けている。

【尾道百景 レトロなまち】
<住吉浜>繁栄語る問屋の帳場(2003年4月1日掲載)
<旧商工会議所>商都の薫り 風格今も(2003年4月3日掲載)
<老舗旅館>心癒やす、木の温もり(2003年4月4日掲載)
<福助通り>笑み誘う、かみしも姿(2003年4月16日掲載)

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

アーカイブの最新記事
一覧