地域ニュース

「コロナ後」見据え事業 3期目最終年、湯崎・広島知事に聞く

2020/12/3 23:00
「今はコロナ対応をしっかりしないといけない」と語る広島県の湯崎知事

「今はコロナ対応をしっかりしないといけない」と語る広島県の湯崎知事

 広島県の湯崎英彦知事(55)が3日、中国新聞のインタビューに応じた。3期目の任期は最終年に入り、県政運営の指針として定めた県総合計画(2021〜30年度)の柱であるデジタル技術の活用、ブランド強化、人材育成の推進への意欲を強調。新型コロナウイルスの対策では、再度の行動制限に至らないために、県民一人一人が感染防止の意識を一層高めるよう訴えた。(岡田浩平)

 ―県内で新型コロナ感染が広がっています。状況と対策をどう考えますか。

 2日時点で、直近1週間の新規感染者数(人口10万人当たり)は4・48人となり、4人以上とする県独自の警戒基準値を超えた。療養者数(同)は6人以上の基準値に対し、4・41人で超えていない。(国分科会が示す4段階区分で下から2番目の)「ステージ2」の認識に変わりはない。

 「あなたの早期受診がみんなを守る」など、感染防止へ徹底してほしい4点を標語にした。検査態勢の拡充も検討している。今は外出自粛や休業要請の必要はないが、早めに手を打ち、ステージ3になる前にピークアウトさせたい。

 ▽4選への立候補については…
(ここまで 467文字/記事全文 1221文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧