地域ニュース

【詳報・克行被告第15回公判】水戸元安芸高田市議証言<1>お縄になる。手錠を掛けられると思った

2020/12/4 0:46

 昨年7月の参院選広島選挙区の大規模買収事件で、公選法違反罪に問われた元法相の河井克行被告(57)=衆院広島3区=の第15回公判が3日、東京地裁であった。当時、安芸高田市議会の副議長だった水戸真悟元市議(72)が、検察側の証人として出廷し、昨年3月27日に副議長室で克行被告から10万円入りの封筒を受け取ったと説明した。

 克行被告と妻の案里被告(47)=参院広島=から3回にわたって、計200万円を受け取った自民党の奥原信也広島県議(78)=呉市=と、克行被告から20万円を受領した矢立孝彦・同県安芸太田町議(67)も証言。いずれも現金の違法性を認めた。

■水戸真悟元安芸高田市議

【検察側の主尋問】

検察官 2008年の安芸高田市議会議員選挙に初当選し、その後3期に渡って議員を務め、20年7月22日に辞職。4月の統一地方選の対象ではないか。

証人 はい。

検察官 副議長を務めていたか。

証人 はい。

検察官 自民党員か。

証人 いいえ。

検察官 参院選で現金をもらったか。

証人 はい。

検察官 どなたから。

証人 河井克行先生です。

検察官 いつか。

証人 2019年3月27日。

検察官 場所は。

証人 安芸高田市議会の副議長室。

検察官 いくら。

証人 10万円です。

検察官 何に入っていたか。

証人 白い封筒に入っていました。

検察官 克行被告との関係は。安芸高田は第3選挙区内ですね。

証人 はい。

検察官 後援会のメンバーか。

証人 はい。

検察官 後援会ではどのような肩書か。

証人 安芸高田市美土里支部の支部長だったかと思います。

検察官 美土里支部の支部長になったいきさつは。

証人 12年ごろだったか、当時の安芸高田市の後援会長に勧められてポスター貼りをするようになった。3年ぐらい前から支部長をしてと言われてしている。

検察官 今から3年ぐらい前か。

証人 はい。

検察官 後援会のメンバーで普段は、どんな活動をしているか。

証人 普段は、克行先生のポスターが新たに配布されれば、美土里町内の自民党の掲示板に張ったり、パンフレットが配布されれば、地域の皆さんにお配りしたりする。

検察官 他には。

証人 他には格別の活動が思い当たらない。

検察官 政策を広めるようなことは。

証人 していません。

検察官 衆議院選の時は。

証人 美土里町内における選挙カーの先導をしています。もちろん、ポスターを張りもしています。

検察官 どの程度親しかったのか。
(ここまで 982文字/記事全文 7813文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

アーカイブの最新記事
一覧