地域ニュース

【詳報・克行被告第15回公判】奥原県議証言<2>最初から違法だと思っていた

2020/12/4 1:41

【弁護側の反対尋問】

弁護人 奥原さんは広島県議で最多の当選回数か。

証人 はい。

弁護人 克行被告との関係はもともと親分、子分と調書にある。克行被告が1996年の衆院選で初当選した後、選挙区が違うので疎遠になったか。全く付き合わなくなったのか。

証人 選挙区が違うので、あまり会いませんでした。

弁護人 時々は会っていたのか。

証人 思い出せません。

弁護人 食事はしたか。

証人 昔はあるかもしれません。

弁護人 96年以前か。

証人 記憶にありません。

弁護人 食事はしたか。

証人 あったことは覚えている。

弁護人 最初に克行被告から50万円をもらったのは19年4月1日で間違いないか。

証人 はい。

弁護人 検察庁で取り調べを受けたとき、行動予定表や手帳で確認したか。

証人 はい、そうです。

弁護人 4月1日の特定は奥原さんの選挙の行動予定表で確認したか。

証人 選挙の事務長に調べてもらいました。

弁護人 コ407号証、同一性の確認性のため示す。4月1日、行動予定表に10時30分、奥原事務所にて来客対応とある。克行被告が来たと検察官に説明したが克行被告の名前がない。なぜ克行被告と分かるのか。

証人 私が覚えていました。

弁護人 もともと覚えていたのか。

証人 調べた結果、選挙中に、4月1日の10時30分に来るからというのがあって、選挙事務所が私の行動予定表に記録しました。私の手帳にも書きました。

弁護人 来客は克行被告以外にあるのか。

証人 来ません。選挙やっていますから。

弁護人 資料2、3を示す。手帳の写し。資料2は5月、3は6月。これは奥原さん自身の手帳か。

証人 はい。

弁護人 2回目の現金受け取りは手帳で確認したのに、1回目はなぜ手帳で確認していないのか。

証人 選挙だからです。

弁護人 行動予定表で分かるのか。4月分も手帳は存在したのか。

証人 選挙だから持って歩きません。この行動予定表でいきます。

弁護人 奥原さんの手帳の4月1日の欄に克行被告が来たか書いていないか。

証人 書いていないのかもしれないが、書いていない。

弁護人 あなたは今年3月27日に検察庁で取り調べを受けて調書を作られた。昨年4月1日に克行被告から50万円を受け取ったことが書かれていないのはなぜか。
(ここまで 925文字/記事全文 5502文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

アーカイブの最新記事
一覧