地域ニュース

鞆港埋め立て・架橋計画が正式に消滅 広島県の港湾計画、交通・交流拠点整備を承認

2020/12/4 11:08
埋め立て・架橋計画が正式に消滅する鞆港周辺。交通・交流拠点などが新たに整備される(福山市鞆町)

埋め立て・架橋計画が正式に消滅する鞆港周辺。交通・交流拠点などが新たに整備される(福山市鞆町)

 広島県福山港地方港湾審議会は3日、港湾計画から福山市鞆町の鞆港埋め立て・架橋計画を削除し、町中心部の東西に交通・交流拠点を設ける県の新たな計画案を承認した。1983年に県が計画を策定した埋め立て・架橋計画が、37年を経て正式に消滅する。

 新たな計画では、鞆港東側の原地区の約8千平方メートルを埋め立て、町中心部に不足する駐車場のほか、仙酔島と結ぶ市営渡船の発着場、にぎわいスペースといった交通・交流拠点を整備する。交通・交流拠点は鞆港内にも設け、市営渡船の発着場となる桟橋などを設ける。

 この日、同市三吉町の県福山庁舎で審議会が開かれ、山田明・福山大工学部准教授たち委員17人が出席。計画変更案を審議し、承認した。

 鞆港埋め立て・架橋計画は、道路が狭い鞆町中心部の交通課題を解消するため県が83年に策定した。湯崎英彦知事が12年6月に撤回を表明し、県はバイパス機能を担う山側トンネルの建設に方針を転換した。交通・交流拠点についても住民説明会を重ねて計画を具体化し、湯崎知事が11月、同審議会に諮問していた。月内に県報に告示する。

 県港湾漁港整備課の宮本伸治課長は「新たな計画に基づき、市とも連携しながら事業を早期に進めたい」と話した。(門戸隆彦)

【関連記事】

国民宿舎仙酔島の活用策を検討へ 福山市、海上観光踏まえ

接続道、年度内にも着工 鞆トンネル整備始動へ

鞆港東側、観光振興へ整備 広島県方針、仙酔島往来船発着点や駐車場


この記事の写真

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧