• トップ >
  • トピックス >
  • 克行被告に「これ安倍総理から」と言われ現金 元北広島町議証言

トピックス

克行被告に「これ安倍総理から」と言われ現金 元北広島町議証言

2020/12/4 16:31

宮本裕之・元北広島町議

 2019年7月の参院選広島選挙区の大規模買収事件で、公選法違反罪に問われた元法相の河井克行被告(57)=衆院広島3区=の第16回公判が4日、東京地裁であった。宮本裕之・元広島県北広島町議(61)が検察側の証人として出廷。克行被告から「これ安倍総理からです」と言われ、20万円を渡されたと証言した。

【特集】河井夫妻買収事件公判

 20万円を提供された趣旨について宮本元町議は「買収目的と思いました」と説明。克行被告が妻の案里被告(47)=参院広島=を当選させる目的で渡してきたとの認識を強調した。

 安倍政権当時、克行被告は首相補佐官を務めるなど安倍晋三前首相や菅義偉首相に近いとされ、案里被告は党本部の後押しを受けて参院選で初当選した。大規模買収事件では、克行被告が広島市議や元府中町議にも「これ総理から」などと言って現金を渡していたことが明らかになっている。

【関連記事】

「双方罰せられる認識」 水戸元市議、10万円受領巡り

克行被告「総理から」 海徳広島市議、現金違法と認識

克行被告が批判「なんで検察官を向くんだ」 河井夫妻公判、案里被告秘書の証言中

「私なら辞職」非難の矛先がブーメランに

「全国の恥さらし」はお断り


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧