地域ニュース

「鬼滅の刃」最終巻、広島の書店でも列 ネットで売り切れ、店頭へ

2020/12/4 19:49
書店の特設コーナーで「鬼滅の刃」の最終巻を手に取る買い物客(広島市南区)

書店の特設コーナーで「鬼滅の刃」の最終巻を手に取る買い物客(広島市南区)

 社会現象を巻き起こした人気漫画「鬼滅(きめつ)の刃(やいば)」の最終巻となる23巻が4日、全国で発売され、広島市内の書店も多くのファンでにぎわった。電子書籍やインターネット書店の台頭で苦戦が続く各店は「鬼滅特需」の盛り上がりに期待を寄せた。

 フタバ図書メガ中筋店(安佐南区)では、午前10時の開店前から約100人が列を作った。新型コロナウイルス感染防止のため、店員は間隔を空けて並ぶよう客に呼び掛けた。

 公開中のアニメ映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」の大ヒットも単行本の売れ行きを後押しし、同店は1997年の開店以来、新刊では最多の冊数を入荷した。磯部祐介店長(45)は「ネットで売り切れが相次ぎ、書店を訪れる人が多い。来店客が途切れず、まるで『無限レジ』」。

 ジュンク堂書店広島駅前店(南区)では、この日限定の特設コーナーでPRした。看護師岩石絵里さん(45)=南区=は「保存版として家に置いておきたい」と買い求めていた。

 漫画は吾峠呼世晴(ごとうげ・こよはる)さん作で、鬼に家族を殺された少年が、鬼と化した妹を人間に戻すため壮絶な戦いに挑む物語。漫画誌「週刊少年ジャンプ」での連載は5月に完結。版元の集英社によると、23巻は初版395万部を発行し、1巻からの累計発行部数(電子版を含む)は1億2千万部を突破した。(木原由維)

【関連記事】

鬼滅の刃、最終23巻が発売 初版395万、社会現象に

日販も小説版「鬼滅」1位 年間ベストセラー

「鬼滅の刃」興収275億円に 「タイタニック」超え歴代2位

鬼滅の刃、1億2千万部を突破 12月4日発売の最終23巻で

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧