• トップ >
  • >
  • 見詰める街には底力 無料案内所から実感【師走の街角 コロナ禍の流川・薬研堀地区】<3>

トピックス

見詰める街には底力 無料案内所から実感【師走の街角 コロナ禍の流川・薬研堀地区】<3>

2020/12/4 21:15

無料案内所の前に立ち、流川通りを見詰めるナビおじさん裕介さん(撮影・大川万優)

 すっかり日が暮れた午後6時すぎ。広島市中区流川・薬研堀地区のメイン通りの一つ、流川通りの「定位置」に、いつもの男性が姿を見せた。

 人気アニメのキャラクターを模して白のかつらとコックの帽子をかぶり、赤の法被をまとったユニークないでたち。無料案内所の店長で、通称「ナビおじさん裕介」さん(32)。ネオンの輝きが増す中、案内所の前に立ち、にこやかな表情を通行人に向ける。

 ▽毎日「定位置」に・・・
(ここまで 196文字/記事全文 1272文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

 あなたにおすすめの記事