地域ニュース

【詳報・克行被告第16回公判】宮本裕之元北広島町議証言<1>克行代議士本人から携帯電話に連絡がありました

2020/12/5 0:25

 昨年7月の参院選広島選挙区の大規模買収事件で、公選法違反罪に問われた元法相の河井克行被告(57)=衆院広島3区=の第16回公判が4日、東京地裁であった。宮本裕之・元広島県北広島町議(61)が出廷し、克行被告から「これ安倍総理からです」と言われ、20万円を受け取ったと証言した。克行被告の妻案里被告(47)=参院広島=の公判でも出廷した元公設第1秘書は、11月下旬に秘書を解職されたことを明らかにした。

【検察側の主尋問】

検察官 職業は農業を営んでいるか。

証人 はい。

検察官 2005年に北広島町議選に初当選したか。

証人 はい。

検察官 4期目の19年3月4日から議長を務めたか。

証人 はい。

検察官 今年7月に議長を辞職し、9月16日に町議を辞職したか。

証人 はい。

検察官 昨年4月の統一地方選の対象ではありませんか。

証人 ありません。

検察官 1998年に自民党員になり、12年に自民党芸北支部で会計責任者をしていたか。

証人 はい。

検察官 17年に支部は解散したか。

証人 はい。

検察官 支部の残ったメンバーと活動しているか。

証人 活動しています。

検察官 参院選に先立ち、誰かに現金をもらったか。
(ここまで 483文字/記事全文 2530文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

アーカイブの最新記事
一覧