地域ニュース

広島熊野道路、6日から無料 5日深夜に一時通行止め

2020/12/5 7:58

 広島市安芸区矢野町と広島県熊野町を結ぶ有料の広島熊野道路(全長2・4キロ)が6日午前0時、無料化される。無料開放に向けた工事のため熊野道路は5日深夜に一時通行止めとなる。

 工事による通行止めは5日午後11時から6日午前0時まで。現在の料金所の前後約200メートルの全7レーンのうち、無料化後も使う2レーンに誘導するためのガードレールを設置する。

 現在の料金は普通車200円、軽乗用車150円などで、2019年度の1日の平均交通量は9580台となっている。県は無料化後の交通量は約2万5千台に増えるとみる。

 熊野道路は、県道矢野安浦線の渋滞緩和を目的に1990年12月に開通し、事業費は81億円。県道路公社が整備し、管理してきた。建設のための借入金が、30年間の料金収入などで完済できる見通しとなった。管理者は県と市に移る。

 同公社は無料化後、料金所の撤去工事を順次実施。近くの管理事務所と合わせて、本年度中に工事を終える予定でいる。また県は、周辺の渋滞緩和のため、熊野町から海田大橋方面への連結道路を整備するなどしている。(石井雄一)

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧