• トップ >
  • トピックス >
  • 広島県の感染、累計千人超す 新型コロナ、5日は35人 広島市25人、呉市、福山市で各3人など【動画】

トピックス

広島県の感染、累計千人超す 新型コロナ、5日は35人 広島市25人、呉市、福山市で各3人など【動画】

2020/12/6 0:04

広島市役所

 広島県で5日、新たに35人の新型コロナウイルス感染が確認された。内訳は広島市の25人、呉市と福山市の各3人、三原市、東広島市、府中町、海田町の各1人。重症者は確認されていない。再陽性を除く県内の感染確認は累計で1018人。3月7日に県内初の感染例が発表されて以降、約9カ月で千人を上回った。

 【グラフ】広島県の市町別感染確認者数

 広島市の25人は10歳未満〜80代。うち1人は中区の市立中の生徒で、同校は8日まで臨時休校する。

 三原市の1人は50代。3日に発表された感染者の接触者で、11月下旬に政府の観光支援策「Go To トラベル」で四国と九州を旅行していた。東広島市の1人は40代で、県が4日にクラスター(感染者集団)の発生を発表した飲食店の利用客。府中町の1人は50代、海田町の1人は20代。

 福山市の3人のうち1人は60代で、残る2人は調査中のため年代などは公表していない。また4日に感染が分かった10代は、感染者が出ている城北中の3年生で無症状という。臨時休校中の同校は7日から1、2年生の授業を再開する。

 呉市の3人は20〜70代。うち50代の1人は県西部の県立学校の教職員で、2日の勤務後に発熱などの症状が出た。新たに感染者が出た場合、県教委は7日からの臨時休校を検討する。 

【関連記事】

コロナ警戒強化を宣言 広島県、新規感染者数など基準値超え PCR拠点5日開設

広島県「ステージ2」へ引き上げ コロナ拡大、病床と療養ホテルの使用率26・2%


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧