トピックス

島根県松江市で70代男性が感染、会食関連で5人に 新型コロナ

2020/12/6 16:05

新型コロナウイルスの感染者について説明する松江市の小塚豊・健康部長

 松江市は6日、市内在住の70代男性が新たに新型コロナウイルスに感染したと発表した。11月30日に感染が確認された市内在住の50代男性の濃厚接触者。同28日に市内の飲食店で会食していた。この会食に参加した後に感染が分かった人は関連も含めて計5人となった。市は「クラスター(感染者集団)としての認識はしていない」としている。濃厚接触者が特定されており、追跡が難しい状況ではないという。

【グラフ】島根県の市町別感染確認者数

 市によると、70代男性は12月2日にPCR検査を実施したが、陰性。その後3日朝に37度台の発熱が確認され、5日に再びPCR検査を受けて陽性と分かった。

 市は11月28日に市内の飲食店で会食した5人以上について、松江保健所が2週間の自宅待機を要請し、健康観察を続けているという。市は「会食のメンバーから感染が拡大する可能性は低い」としている。→6日の島根県内の感染まとめ「島根県、6日は4人感染 新型コロナ、出雲市3人と松江市1人 県立中央病院の看護師も」はこちら 

【関連記事】

島根県出雲市で60代女性が感染

島根県議会、コロナ感染療養施設の設計費可決 2021年夏の稼働予定

松江市と安来市の計4人感染 いずれも濃厚接触者


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧