• トップ >
  • トピックス >
  • 広島県内、最多の60人感染 1人死亡、6日の新型コロナ 広島市の3カ所でクラスター【動画】

トピックス

広島県内、最多の60人感染 1人死亡、6日の新型コロナ 広島市の3カ所でクラスター【動画】

2020/12/6 22:09

発生したクラスターの詳細を話す阪谷保健医療担当局長(6日午後5時22分、撮影・河合佑樹)

 広島県で6日、新たに60人の新型コロナウイルス感染が確認された。事業所など3カ所でクラスター(感染者集団)が発生した広島市の49人をはじめ、呉市、福山市、海田町の各2人、廿日市市、東広島市、江田島市、尾道市、県西部保健所管内の各1人。1日の感染者数としては4日の48人を上回り、過去最多となった。重症者はいないという。

 【グラフ】広島県の市町別感染確認者数

 広島市の49人は10〜80代。クラスターは、接待を伴う飲食店、事業所、知人同士の会食の3カ所で発生した。接待を伴う飲食店は3日に従業員3人の感染を確認しており、新たに従業員7人と廿日市市の40代の来店客1人の感染が確認された。事業所は、4日に感染が判明した人の勤務先で、同僚7人が新たに感染した。会食は、4日に判明した感染者と一緒に食事した9人の感染が分かった。また、安佐南区の市立小の児童1人の感染も判明。同校は9日まで臨時休業する。

 また広島市は、入院していた90代1人が6日に死亡したと発表。11月30日時点で2人だった中等症の感染者は12人に増えたとした。

 呉市の2人は幼児と20代の親子でいずれも軽症。福山市の2人は、50代男性と道上小の10歳未満の児童。同小は7日、臨時休校する。県によると、東広島市の1人は40代で、県が4日にクラスターを認定した同市の飲食店「ナイトラウンジ京子」の利用客。県西部保健所管内の1人は30代で、広島市の事業所で発生したクラスターの関係者という。尾道市の1人は50代、江田島市の1人は40代、海田町の2人は20代と50代。 

【関連記事】

広島県の感染、累計千人超す 新型コロナ、5日は35人

コロナ警戒強化を宣言 広島県、新規感染者数など基準値超え PCR拠点5日開設

広島県「ステージ2」へ引き上げ コロナ拡大、病床と療養ホテルの使用率26・2%



  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧