地域ニュース

【駅伝】広経大、2年ぶりV 中国四国学生

2020/12/7 8:10
2年ぶり19度目の優勝を決めた広経大のアンカー脇田(撮影・山下悟史)

2年ぶり19度目の優勝を決めた広経大のアンカー脇田(撮影・山下悟史)

 第64回中国四国学生駅伝(中国四国学生陸上競技連盟、中国新聞社主催)が6日、山口市内の6区間53・5キロのコースであり、広経大が2時間39分56秒の大会新記録で2年ぶり19度目の優勝を果たした。最優秀選手の東川賞には2区で区間新を記録したカランジャ・ジョスファット(広経大)が選ばれた。
(ここまで 144文字/記事全文 711文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

地域スポーツの最新記事
一覧